×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ハイパー検索

対策グッズ


ぜんそく情報


予防・治療法


ぜんそくニュース

掃除機・空気清浄機


お知らせ

健康食メニュー


おすすめ

Firefox


Powered by
Dr.Blog
目次 [1]

[無料占い] [無料ゲーム]

Loading...

気管支喘息(きかんしぜんそく、Bronchial Asthma)とは、アレルギー反応や細菌ウイルス感染などが発端となった気管支の炎症が慢性化することで、気道過敏性の亢進、可逆性の気道狭窄をおこし、発作的な喘鳴、咳などの症状をきたす 呼吸器疾患。喘息発作時にはこれらの症状が特に激しく発現し、死(喘息死)に至ることもある。単に「喘息」あるいは「ぜんそく」と記す場合、一般的には気管支喘息のことを指す。

なお、うっ血性心不全により喘鳴、呼吸困難といった気管支喘息類似の症状がみられることがあり、そのような場合を心臓喘息と呼ぶことがあるが、気管支喘息とは異なる病態である。

幼児期に発症することの多いアトピー型と40歳以上の成人発症に多くみられる非アトピー型の2型がある。

環境刺激因子(アレルゲン)、寒気、運動、ストレスなどの種々の刺激が引き金となり、これらに対する過敏反応として、気管支平滑筋、気道粘膜の浮腫、気道分泌亢進などにより気道の狭窄・閉塞が起こる。気道狭窄によって、喘鳴、息切れ、咳などの症状を認める。喘息発作時にはこれらの症状が激しく発現し、呼吸困難や過呼吸、酸欠、体力の激しい消耗などを伴い、時には死に至ることもある。

アトピー型の喘息患者が発作を引き起こすのはI型アレルギーにより化学伝達物質が発生するためである。その誘因は、細菌ウイルス感染、過労ハウスダストダニ花粉カビなど)・食物薬物などのアレルゲン運動タバコアルコール気圧変化、精神的要因などさまざまである。

さらに詳しい説明





小児科診療に興味がある全ての人にお勧めできます. 小児科医だけではなく医学生・研修医・コメディカルスタッフでも理解できるような解説がすばらしいです. 小児喘息患者の日常管理に携わる開業医から,重症喘息のICU管理に携わる専門医まで幅広く役に立つことと思います. 成書では触れられていないような話題も多く,これまで見たことのある書籍や雑誌と比べとても実践的です.

ただ漠然とアロマテラピーは癒し効果があるというのではなく、成分や効果をもたらす科学的理由、また心身的な効果がわかりやすく書かれています。実験結果なども掲載されていて、目に見えない効果がハッキリとわかります。

著者は免疫学の第一人者の安保新潟大学教授と交流のある方。娘が喘息様気管支炎と診断された為、とにかく知識を増やそうと読んだ本。よく眠らせる、たっぷり汗をかかせる等、周知のこともあるが、食事の具体的な改善方法、鼻呼吸のすすめ等参考になったことも多かった。また、交感神経、副交感神経の役割等基本的な体のしくみも抑えており、免疫学の基本知識を得たい方にお勧め。

第一線の臨床医がすすめる最新のぜんそくの治療法、薬などが具体的に出ているので、自分が適切な治療を受けているかどうかの判断ができます。ひとことでぜんそくと言っても人によってこんなにも症状や感じ方が違うのだということが、たくさんの体験談や症例から学べて不安がなくなります。また、成功例を見習って自己管理をすれば、快適な生活を取り戻せると〜〜いう希望を与えてくれる本です。

小児科医をしています。患者さんのぜんそくの認識はどうなんだろうということで読みました。最新の治療ガイドラインにあわせて改定され、シンプルな中に必要なことがすべておりこまれた本です。ぜんそくと上手につきあえるようになるように、欄外コラム『治療がうまくいくようになるとかぜはかぜだけで終わるようになる』=予防的な治療をしていくことでが、「かぜをひくたびぜーぜーする」子が、かぜをひいてもぜーぜーしなくなり自信をつけていく。そんな治療の目標が本書を読むことで皆さんにわかってもらえたらと思います。

卵と牛乳を使わないで、しかも簡単に出来るレシピ集というのは コンセプトとしては今までになかった本ではないでしょうか。 他のアレルギー向けのオヤツ本では、ちょっと手間がかかったり、 「砂糖を使わない」と売りにしておきながら 砂糖よりも乳幼児の身体に悪いと言われている「はちみつ」を多用したりしていて、 ちょっとどうなのかな〜と思っていました。 この本はその心配もなく、本当に安心して作って食べられる一冊だと思います。

この本は、ぜんそくの発作を抑えたり、症状を軽くしたりするための腹式呼吸がしぜんに身に着くような「音楽療法」を、実績を基にイラスト入りで解説してあります。幼い子でも楽しみながら実行できる、簡単な笛吹きや歌唱、朗読や体操などの10のメソッドは、患者さん本人の苦しみを和らげることはもちろん、常日ごろ接している親御さんや教育現場の人々に勇気を与えてくれるでしょう。  ちなみに、フィットネスを続けている私も、腹式呼吸は呼気から始めることが大切だということを、本書で初めて知りました(^_^;)。

「食べたいな」と思ったときに手軽にパッパと作れ、さらに「お、こういう普通のおかずが食べたかったんだよね。」と言われるメニューばかりで、とても使いやすい本です。実際、効用別に頁分けされ、さらに各食材ごとに3つづつメニューがあるので、強靭な体を作りつつ、家庭の味とよばれるメニューを作りたい人には最高だと思っています。


食物アレルギーについての、専門的内容から、素人むけのやさしくかみ砕いた内容まで、簡潔にまとめてくれています。 特に、Q&A形式で、日常食物アレルギーに関して持っていた疑問に答えてくれているので、アレルギー体質の子供を持つ親としては、非常に参考になります。 食物アレルギーは治るのか?、除去食はどのようにするべきか?、学校や幼稚園での対応について、などなど。 食物アレルギーのお子さんを持つ方、自分が食物アレルギーの方におすすめです。
アレルギーでお悩みの方にとって 食事はとても気になるもの。 たとえアレルギーであっても、 美味しい和洋の様々なお料理を食べられたら との気持ちに変わりはありません。 そのような時、この本がとても役に立ちます。 アレルギーの方も、そうでない方も 一緒に楽しく食事が出来る料理ブック。
一説には東京の小学生の過半数以上が、アレルギー症状を持っていると言われる時代ですし、私の回りに花粉症、アトピー持ちが相当数います。 「三つ子の魂百まで」ではないですが、専門家に伺うと、幼少期の食生活が非常に重要なようです。小さいお子さんがいらっしゃるお母さんに一般教養、一般常識として読んで欲しい内容です。
小児科医である著者が20年間医者を続けてきて、実際に患者との会話や関わりから得た、生きたアレルギーに関する対策が書かれています。堅苦しさはまったくなく、いろいろなエピソードを交えながら明るいテンポで読んでいけます。
西原免疫学の実用書です。数時間で読み切れますので、アレルギー体質の人はこの本に書いてあるとおりに実践してみて下さい。一月ほどで、こんな簡単な方法でここまで良くなるのか、とビックリすることでしょう。
タイトルがかたいので難しい内容だったらどうしようと買おうか迷いましたが、買って大正解の本でした。 ホメオパシーについてまったく知識がない場合はマヤズムって何?とか時々わからない部分もあるかもしれませんが、予防接種がなぜ任意になったのか、ワクチンはどのようにつくられるのか、ワクチンを打つことでどのような影響があるのかについてホメオパスの立場からわかりやすくお話されています。 もうすでに予防接種を受けさせてしまった場合でも、どのように毒だししていけばよいのかもわかりますし、健康や病気について親がどうとらえていくべきかを考えさせられる本です。 アトピーの話もよくでてくるので、アトピーで悩んでいる方も読んでみるといいかもしれません。
●福祉先進国デンマーク、ヨークアンドラーセン社の寝具は、いつでも清潔に使え、ゴミ、ホコリ、ダニのフン等からくるアレルギーの予防におすすめ ●洗濯機で丸洗い可能で、羽毛の軽やかさとシルクの肌ざわりを加えた、春・秋・冬の3シーズン対応の掛け布団 ●いつも清潔な状態で使用できるので、日本でも増えつつあるゴミ、ホコリ、ダニなどが原因でおこるアレルギーなどでお悩みの方に。「デンマーク喘息&アレルギー協会推奨商品」





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク