×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ハイパー検索












[無料占い] [無料ゲーム]
Loading...

目次 [1]

夏目 漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日慶応3年1月5日) - 1916年大正5年)12月9日)は、日本の小説家評論家英文学者。本名、金之助。『吾輩は猫である』 『こゝろ』などの作品で広く知られる、森鴎外と並ぶ明治・大正時代の大文豪である。江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。俳号は愚陀仏。

大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学英文科卒業後、松山中学などの教師を務めた後、イギリスへ留学。帰国後東大講師を勤めながら、「吾輩は猫である」を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になり「坊つちやん」「倫敦塔」などを書く。その後朝日新聞社に入社し、 「虞美人草」「三四郎」などを掲載。当初は余裕派と呼ばれた。

「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆。「則天去私」(そくてんきょし)の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、「明暗」が絶筆となった。

1889年(明治22年)、同窓生として漱石に多大な文学的・人間的影響を与えることになる正岡子規と、初めて出会う。子規が手がけた漢詩や俳句などの文集『七草集』が学友らの間で回覧されたとき、漱石がその批評を巻末に漢文で書いたことから、本格的な友情が始まる。このときに初めて漱石という号を使う。漱石の名は、唐代の『晋書』にある故事「漱石枕流」(石に漱〔くちすす〕ぎ流れに枕す)から取ったもので、負け惜しみの強いこと、変わり者の例えである。「漱石」は子規の数多いペンネームのうちの一つであったが、のちに漱石は子規からこれを譲り受けている。


年譜

  • 1867年2月9日(慶応3年:0歳) - 江戸牛込馬場下横町(現・東京都新宿区喜久井町)で、夏目小兵衛直克、千枝の五男として生まれる。生後間もなく四谷の古道具屋に里子に出されるが、すぐに連れ戻される。
  • 1868年(明治元年:1歳) - 塩原昌之助の養子になる。
  • 1870年(明治3年:3歳) - この頃種痘から疱瘡にかかり、薄く痘の痕が顔に残る。〈彼は其所で疱瘡をした。大きくなつて聞くと、種痘が元で、本疱瘡を誘ひ出したのだといふ話であつた。彼は暗い簾子のうちで転げ廻つた。身の肉を所嫌はず掻きむしつて泣き叫んだ。〉「道草」(39)「一つ夏目の鬼瓦」という数え歌につくられるほど、疱瘡跡は目立ったらしい。
  • 1874年(明治7年:7歳) - 公立戸田学校下等小学第八級に入学。
  • 1876年(明治9年:9歳) - 公立市谷学校下等小学第四級に転校。
  • 1878年(明治11年:11歳) - 4月、市谷学校上等小学第八級を卒業。10月、錦華小学校・小学尋常科二級後期卒業。
  • 1879年(明治12年:12歳) - 東京府立第一中学校正則科(日比谷高校の前身)に入学。
  • 1881年(明治14年:14歳) - 実母死去。第一中学退学。私立二松学舎に入学。
  • 1883年(明治16年:16歳) - 神田駿河台の成立学舎に入学。
  • 1884年(明治17年:17歳) - 大学予備門予科入学。
  • 1886年(明治19年:19歳) - 大学予備門から第一高等中学校(後の第一高等学校)に名称変更。
  • 1888年(明治21年:21歳) - 夏目家に復籍。第一高等中学校英文科入学。
  • 1889年(明治22年:22歳) - 正岡子規を知る。
  • 1890年(明治23年:23歳) - 帝国大学(後の東京帝国大学)文科大学英文科入学。『方丈記』を英訳する。
  • 1892年(明治25年:25歳) - 4月、北海道後志国岩内郡吹上町に転籍し北海道平民になる。5月、東京専門学校講師に就任。
  • 1893年(明治26年:26歳) - 大学卒業。高等師範学校(後の東京高等師範学校)に勤める。神経衰弱に。
  • 1894年(明治27年:27歳) - 初期の肺結核と診断される。
  • 1895年(明治28年:28歳) - 4月、菅虎雄の斡旋で愛媛県尋常松山中学に赴任。12月、貴族院書記官長中根重一の長女鏡子と結婚。
  • 1896年(明治29年:29歳) - 熊本県第五高等学校講師に就任。
  • 1897年(明治30年:30歳) - 6月、実父直克死去。7月、妻鏡子流産。
  • 1900年(明治33年:33歳) - イギリスに留学(途上でパリ万国博覧会を訪問)。
  • 1903年(明治36年:36歳) - 帰国後は一高、東京帝国大学講師に。
  • 1905年(明治38年:38歳) - 『ホトトギス』に「吾輩は猫である」を発表、連載を始める。
  • 1907年(明治40年:40歳) - 朝日新聞社入社。職業作家としての道を歩みはじめる。
  • 1910年(明治43年:43歳) - 胃潰瘍のため大吐血、一時危篤(修善寺の大患)。
  • 1911年(明治44年:44歳) - 養父塩原に金を無心される。2月、文学博士号辞退。8月、関西での講演後、胃潰瘍が再発し、大阪で入院。
  • 1913年(大正2年:46歳) - 強度の神経衰弱に悩まされる。北海道から東京に転籍し東京府平民に戻る
  • 1915年(大正4年:48歳) - 12月頃から、芥川龍之介などが木曜会に参加する。
  • 1916年(大正5年:49歳) - 12月9日、胃潰瘍の悪化により、「明暗」執筆途中に死去。
  • 1984年昭和59年) - 2004年平成16年) - 千円札に肖像が採用される。

作品一覧

全集

  • 漱石全集(1993 - 1999年、岩波書店、全28巻別巻1巻)

小説

中・長編小説

  • 吾輩は猫である(1905年1月 - 1906年8月、『ホトトギス』/1905年10月 - 1907年5月、大倉書店・服部書店)
  • 坊つちやん(1906年4月、『ホトトギス』/1907年、春陽堂刊『鶉籠』収録)
  • 草枕(1906年9月、『新小説』/『鶉籠』収録)
  • 野分(1907年1月、『ホトトギス』/1908年、春陽堂刊『草合』収録)
  • 虞美人草(1907年6月 - 10月、『朝日新聞』/1908年1月、春陽堂)
  • 坑夫(1908年1月 - 4月、『朝日新聞』/『草合』収録)
  • 三四郎(1908年9 - 12月、『朝日新聞』/1909年5月、春陽堂)
  • それから(1909年6 - 10月、『朝日新聞』/1910年1月、春陽堂)
  • (1910年3月 - 6月、『朝日新聞』/1911年1月、春陽堂)
  • 彼岸過迄(1912年1月 - 4月、『朝日新聞』/1912年9月、春陽堂)
  • 行人(1912年12月 - 1913年11月、『朝日新聞』/1914年1月、大倉書店)
  • こゝろ(1914年4月 - 8月、『朝日新聞』/1914年9月、岩波書店)
  • 道草(1915年6月 - 9月、『朝日新聞』/1915年10月、岩波書店)
  • 明暗(1916年5月 - 12月、『朝日新聞』/1917年1月、岩波書店)

短編小説・小品

  • 幻影の盾(1905年4月、『ホトトギス』/1906年、大倉書店・服部書店刊『漾虚集』収録)
  • 琴のそら音(1905年7月、『七人』/『漾虚集』収録)
  • 一夜(1905年9月、『中央公論』/『漾虚集』収録)
  • 薤露行(1905年9月、『中央公論』/『漾虚集』収録)
  • 趣味の遺伝(1906年1月、『帝国文学』/『漾虚集』収録)
  • 二百十日(1906年10月、『中央公論』/『鶉籠』収録)
  • 文鳥(1908年6月、『大阪朝日』/1910年、春陽堂刊『四篇』収録)
  • 夢十夜(1908年7月 - 8月、『朝日新聞』/『四篇』収録)
  • 永日小品(1909年1 - 3月、『朝日新聞』/『四篇』収録)

漱石と病気

漱石は、歳を重ねるごとに病気がちとなり、肺結核、トラホーム、神経衰弱、痔、糖尿病、命取りとなった胃潰瘍まで、多数の病気を抱えていた。『硝子戸の中』のように直接自身の病気に言及した作品以外にも、『吾輩は猫である』の苦沙弥先生が胃弱だったり、『明暗』が痔の診察の場面で始まっていたりするなど、小説にも自身の病気を下敷きにした描写がみられる。「秋風やひびの入りたる胃の袋」など、病気を題材にした句も多数ある。 下戸だったが、胃弱であるにもかかわらずビフテキや中華料理などの脂っこい食事を好み、療養中には当時、貴重品だったアイスクリームを欲しがり周囲を困らしたこともある。当時出回り始めたジャムもお気に入りで毎日のように舐め、 医師に止められるほどだったという(「吾輩は-」には1ヶ月に8缶も舐めたとの記述がある)。 胃弱が原因で頻繁に放屁をしたが、その音が破れ障子に風が吹き付ける音にそっくりだったことから、破障子なる落款を作り、使用していたことがある。


言葉遊び

夏目漱石の作品には、順序の入れ替え、当て字等言葉遊びの多用が見られる。例「単簡」(簡単)、「笑談」(冗談)、「八釜しい」(やかましい)、「非道い」(ひどい)、「浪漫」(ロマン)、「沢山」(たくさん)等。「兎に角」(とにかく)のように一般的な用法として定着したものもある。


造語

「新陳代謝」、「反射」、「無意識」、「価値」、「電力」、「肩が凝る」等は夏目漱石の造語である。


有名な写真

有名な左腕に黒い腕章を着けた写真は明治天皇大喪の礼、1912年(大正元年)9月13日に撮影とされているが、原武哲『喪章を着けた千円札の漱石―伝記と考証』(笠間書院 2003年 ISBN 978-4305702548)によれば9月19日と推測している。






登場させられる主要人物は、猫の主人である中学教師をはじめ、金持ちやいわゆる大学出と思われる文化人、すなわち当時のエリート達、それも比較的身のまわりにいる人達である。新生明治を現場で引っぱった人々である。猫の目をもって、それらエリートを風刺し、また彼らの会話・行動を通して互いとその社会を風刺する。落語や戯作という伝統的語り口が、歯切れ良く効果的である。

明治という時代を生き抜いた夏目漱石。彼が生まれたときから 死ぬまでの貴重な記録が、この本の中には収められている。 裕福な家に生まれながら決して幸せだったとはいえない幼少時代、 文学を志すようになったきっかけ、学生時代の交友関係、妻鏡子 さんや子供たちとの日々などなど・・・。どれも興味深い事柄ばかり だった。

文豪、夏目漱石の原点がここにある。漱石ほど人間の孤独、人間の真面目を追及した作家はいなかった。「坊ちゃん」の時に非常識、時に破天荒な言動を通して、四国の片田舎に赴任してきた江戸っ子の奮闘を面白おかしく描いているが、根底に流れるのは場はずれな土地に流れてきた人間の孤独であり、疎外感である。

学生時代に初めて読んでから30年ぶりに再読しました。この小説には受け止めるべき人生訓も、なんらの思想や哲学の押しつけもありません。あるのはただ三四郎の淡い恋心です。そして読み終えた後、三四郎の恋心と一緒に心の中にしっとりと残るものがあります。「ああ、いい小説を読んだ。いつかまた読みたい」という幸福感です。真に優れた小説(芸術と言い換えてもいい)の醍醐味はここにあります。

物語は飾らず淡々とその圧倒的な結末へと登り詰めていく。一人の男の心理をここまで精緻に真正面から描き切った小説がはたして他にあるだろうか。この作品は近代日本文学の傑作であり、日本が世界に誇りうる屈指の名作である。

「門」は「三四郎」、「それから」に続いて明治43年に朝日新聞に連載された。明治42年の伊藤朝鮮統監暗殺事件が、主人公である宗助・御米の夫婦の会話に出てくることから、背景となる時代がわかる。宗助夫婦はまだ江戸の名残りを留めている東京の片隅の貸家に肩を寄せるようにひっそりと暮らしている。


智に働けば角が立つ、の名文句で始まる有名な小説だが、読み通したのは始めてである。しかしこれは小説、いわゆる典型的な小説ではないな・・・。 「画にかくに好いところですか」 「身を投げるには好い所です」  なんてことばを交わしてみたい。 「憐れは神の知らぬ情で、しかも神に尤も近き人間の情である」  キリスト教徒には決して書けない一文だ。

小説を語るにあたって漱石を読んでいなければ始まらない。特に「こころ」「それから」「行人」は是非読んでおきたい作品である。近代日本を代表する知識人として、現代日本へと通じる人間の孤独という普遍的なテーマを追い続けた漱石に、我々は時を超えて魂を揺すぶられ続ける。人生について、友について、愛情、友情、そして人間とは何かについて、我々はここまで深刻に真剣に考えたことが何度あっただろうか。生きる時、死ぬ時、苦しい時、悲しい時、もう一度「こころ」に出会ってみたい。

晩年の夏目漱石が、表題である当時の学習院で行った講演録『私の個人主義』を含む、『道楽と職業』・『現代日本の開花』・『中味と形式』・『文芸と道徳』といったタイトルの面白い講演録集である。 言うまでもなく、漱石は文豪として知られている作家であるが、同時に話し手としても比類ない人物であったことが、この本を読むことでうかがい知ることが出来る。

明治時代の大インテリ(政府から派遣されて留学したのはご存知の通り)である漱石が、「文明開化」に対する抵抗感などを語っている。漱石の生きた時代、次々に輸入されてくる文化によって、人々は否応なしに急激な変化の波に呑み込まれた。漱石は、これから先、この変化のスピードはどんどん早くなり、生きにくい世の中にますますなっていくだろうと語る。これを読み、今の時代の忙しなさは、明治時代と地続きであることを知った。





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク